やってよかった二重整形

アイプチで二重にならない目を整形する

二重整形二重整形に自信があります

アイプチで二重にならない目を整形する / 切りたくないから埋没法で手術をする / かわいいと思える自分になり毎日が充実

二重整形に興味を持ったのは中学生の時でした。
友人の女の子達がアイプチを試し、メイクを楽しむ中、瞼の分厚い私はアイプチを使用しても二重にはなりませんでした。
そこで中学卒業と同時に、美容外科にて埋没法の二重整形手術を受けました。
カウンセリングは手術前に2回ほど行われました。
手鏡を持ちながら細いワイヤー状の器具を瞼に当て、希望の二重ラインを医師とともに決めました。
初めての美容外科でかなり緊張しましたが、医師もスタッフの方々も本当に親切で、どの説明も本当に丁寧に行われました。
この過程が不安を払拭してくれました。
二重ラインを決めるカウンセリングは手術直前にもう一度行われ、最終確認をしてから手術となりました。
手術自体の時間が30分ほどでした。
目薬と注射の麻酔をするので痛みはほとんどありませんでした。
ただ瞼を強く引っ張られるような感覚だけは感じられました。
そこまで違和感はないですし、医師のほうも優しく話しかけながら手術を進めて下さいました。
手術の最後の方には、二重ラインの確認がありました。
仰向けに寝たまま手鏡を持ち、作った二重が自分の希望通りかどうかを見せてもらい確認しました。
手術は完全に終わっていないので、瞼からまだ糸が出ており驚きましたが、鏡に映る新しい自分に涙が出るほど嬉しかったのを覚えています。
手術後は15分くらい瞼を冷やし、その後帰宅となりました。
腫れはかなり強く出ましたので、あらかじめ用意しておいた眼帯が役に立ちました。

元々皮膚が分厚い奥二重で、どのアイプチでも上手く二重にならないような目でした。
水/の/森(大阪院)でのカウンセリングで、切開ではないと難しいと言われたのですが、違う病院で埋没3点でこの二重を手に入れました。
参考になれば嬉しいです。
#整形 #二重埋没 #二重整形 pic.twitter.com/mvj6V5QNYY

— つき🌝 (@iyirr24) April 19, 2020